音の大きさdB(デシベル)について

カラオケ防音工事では、音の大きさとしてdB(デシベル)という単位がよくでてきます。

このdB(デシベル)という概念は、とても複雑で、計算式も難しい式がでてきます。

しかし、カラオケ防音工事を理解するうえで、大まかにどういうものか、ということだけでも理解しておくことも大事です。


「音圧」

人の声や鳥の鳴き声など、なにかしらの音がでると少しだけ空気の圧力が変わります。

この変化した空気の圧力を音圧といいます。

この音圧は、通常、空気中の音の伝播を考えた場合、気体の圧力であるパスカル(pa)で表すことがあります。

人間が聴くことができる最も小さな音圧…いわゆる最小可聴音は、20[μpa]であると言われています。

これに対してロックコンサートなどの音圧…いわゆる最大可聴域あるいは痛覚域は、20[pa]程度となります。

この差は、実に100万倍の圧力となっています。

「音圧レベル」

音圧を数値で表現したものを音圧レベルと呼びます。

つまり、音の大きさを表わすのに一般的に使われる量が、音圧レベルです。

この音圧レベルを、パスカル(pa)で表すと、めちゃくちゃケタ(桁)が多くなり過ぎて実用になりません。

そこで、通常は、ケタ(桁)を少なく表現できて、なおかつ、広範囲に渡る情報を扱える対数をもとにした単位dB(デシベル)(dB)が用いられているのです。

このことによって、音のパワー計算が容易になったといえます。

なお、「音量」も音の大きさを表現しますが、これは感覚的な音の大きさを表しています。

これに対し、「音圧」は物理的な音の強さを表現するものといえます。


dB(デシベル)

このように、音の大きさや強さを表す単位として、dB(デシベル)という単位が使われています。

大きな数値ほど大きな音ということになります。

このdB(デシベル)は、防音・カラオケ振動等の世界での範囲で使用される、無次元の単位です。

そして、「dB(デシベル)とは、倍率を差で表し、且つ桁数を抑えて表示するために考えられた単位」といえます。

このことの意味を、少し具体的に見てみます。

例えば…

通常、図書館の中の音の大きさが40dB(デシベル)、普通の会話が60dB(デシベル)、通勤電車の中が80dB(デシベル)といわれています。

ここで、図書館の中の音と普通の会話の音の大きさの差は、20dB(デシベル)(60-40)ということができます。

それでは、この20dB(デシベル)の差とは、いったいどの程度の差なのでしょうか?

この20dB(デシベル)の差とは、測定器を使って実際に音の大きさを測定した場合で10倍の違いになります。

【dB(デシベル)と倍率の関係】
   dB(デシベル)の差            倍率
   0dB(デシベル)              1倍
   6dB(デシベル)              2倍
  20dB(デシベル)             10倍
  40dB(デシベル)            100倍
  80dB(デシベル)           10000倍

つまり、dB(デシベル)同士の引き算(60-40=20dB)は、倍率(10倍)を表すことになります。

そして、これらは、対数という計算式を使って求めます。

このように、dB(デシベル)とは、倍率で表示するとケタ(桁)数がとてつもなく大きくなって分かりづらくなってしまう数値を、ケタ(桁)数を抑えることによって比較的分かり易い数値にするために考えられた表示方法…ということが理解できると思います。

さらに、dB(デシベル)とはメートル(m)やグラム(g)などのような自然界の単位ではなく、パーセント(%)の様な数値の表示方法の一つだということも、理解できるかと思います。

dB(デシベル)による絶対値の表し方

dB(デシベル)同士の差については上記のようになりますが、そうすると「図書館の中の音は40dB(デシベル)」とは、いったいどういうことなのでしょうか?

これは、ある基準となる音の大きさ(音圧の場合:20μP…人間が聴くことができる最も小さな音圧…いわゆる最小可聴)に対して、図書館はそれより40dB(デシベル)(100倍)大きいな音という事を意味します。

ですから、図書館の中の音の大きさは、20μPの100倍で2000μPということになります。

このように、世界的に基準となる値を統一することにより、dB(デシベル)という相対的な表示方法であるのもかかわらず、絶対値(長さや、重さのようにそのままで比較できる値)も表示できるということになります。


身近な音の大きさはこんな感じになります

10dB聴こえる事の出来る限界(超サイレントな世界)  呼吸音 無音に近い 蝶の羽ばたき 髪のそよぎ
20dB寝息 木の葉のふれあう音 置時計の秒針の音(前方1m)やっと音として聴こえる程度 消しゴムの音 呼吸する音 雪の降る音 木の葉のそよぎ
30dBささやき声 郊外の深夜 かすかな声 洋服を着る音 静寂 夜の住宅 街の静けさ
40dB閑静な住宅街、図書館 市内の深夜 ささやき声 鼻息 小雨の音 すやすや居眠り 昼の住宅街 コオロギの遠音 換気扇
50dB静かな公園 静かな事務所 クーラー(屋外機、始動時)換気扇エアコンの音 小さな声 静かな室内 博物館 事務所の音
60dB普通の会話 静かな乗用車 一般的な家庭の朝 普通の声 トイレ洗浄音 テレビ小音 学校の授業 銀行内の音
70dB掃除機の音、電車の車内 ステレオ(正面1m、夜間) 騒々しい事務所の中 騒々しい街頭 掃除機 夕立 潮騒 声が大きい テレビ中音  新幹線内 乗用車 レストラン 工場
80dB交通量の多い道路、地下鉄の車内 電車の車内 ピアノ(正面1m)電話 ボーリング場 機械工場の音 大型幹線道路
90dB90dB(デシベル) ・犬の鳴き声(正面5m) 騒々しい工場の中 カラオケ(店内客席中央)地下鉄車中 パチンコ店内 滝の音(近く)
100dB電車が通るときのガード下 地下の構内 地下繁華街の音
110dB自動車のクラクション リベット打ち
120dBオーケストラの演奏 新幹線鉄橋通過
130dB飛行機のエンジンの音 落雷

楽器演奏のdB(dB(デシベル))

10dB無響室
30dB録音カラオケ
80dBステレオ中音量・生ギター・ヴァイオリン子供
90dBピアノ低学年・クラリネット・演歌・VOCAL・フルート
100dBピアノアマ・ボーカル・ファゴット・オーボエ・ハープ
110dBアルトサックス・ピアノプロ・声楽アマ・金管楽器
120dBテナーサックス・声楽プロ・ライブハウス・吹奏楽演奏
130dB生ドラム・ロックバンド・パーカッション・コンガ

一般的に、室内で快適な暮らしができる許容騒音レベルは、40dB以下といわれています。


騒音レベル20~2930~3940~4950~5960~6
感じ方無音感非常に静か特に気にならない騒音を感じる騒音を無視できない

(日本建築学会「建築設計資料集成1環境}:資料)



dB(デシベル)の話はいかがでしたか?

詳しくは専門のカラオケ防音工事業者に聞いてみましょう。

まずは、無料・匿名で、カラオケ防音工事業者に相談することから始めてみませんか?

そして、良心的で適正な見積を出す防音工事業者からの提案を受けてみませんか?

サービスのご利用はもちろん無料です!

「カラオケ防音工事 見積ナビ」の詳しい利用方法は下記をクリックして下さい。


詳しくは、こちらをクリック


提案・見積の申し込みは、オンライン、電話、FAXで受け付けています!!

提案・見積を申し込むと、必ず工事契約しなくては…ということはありません。いつでもお断りできますので、安心してお申し込みください。

※提案見積の申し込みをされる方は、事前にサポート協会の規約をお読みいただき、ご同意のうえでお申し込みください。サポート協会利用規約

▼オンラインでの提案・見積の申し込み


▼電話での提案・見積の申し込み


▼FAXでの提案・見積の申し込み


カラオケルームに求められる音響条件について

カラオケルームに求められる音響条件として、まず、外へ漏れる音や振動が問題にならない、そして、外からの騒音や設備の騒音が少なくて静かであること、最後に、室内が響きすぎたり、音質を悪くする反射音がないこと…があげられます。

つまり、カラオケルームの遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両面 から考えるひつようがあります。

特に、室内で出る音が隣接する部屋や隣家に迷惑にならないようにすることが重要です。

また、カラオケルームが幾つか隣接する場合も、隣の部屋に影響しないような遮音設計が必要となります。

その対策として、遮音・防振工事、室内音響工事をおこなう必要があります。


カラオケ・ルームでは、直接ひびく音だけでなく、床・壁・天井に入射した音が、固体伝搬音として物体内を伝搬し隣室に放射する音が発生します。

このため、遮音設計では、遮音・防振構造(浮遮音層)が必要となります。

つまり、この固体伝搬音を防止するには、浮床工事が必要です。


部屋の遮音性能は、D値という等級で評価されます。

カラオケルームの目標値は、D-60となります。

※下記の表「遮音等級D値とカラオケの聞こえの関係」を参照ください。

また、室内が響き過ぎて歌いずらいなどの対策には、室内の音響調整・吸音工事もおこないます。


カラオケルームの室内環境をよくするためには、室内の静かさが必要となります。

外部からの騒音と内部のエアコンなどの設備騒音に対する遮音工事です。

内部の静けさの目標はNC-25~35程度になります。

詳しくは、サイトの室内騒音とNC値についてを参照ください。


■遮音等級D値とカラオケの聞こえの関係■

遮音等級 カラオケルーム
D-65 通常では聞こえない
D-60 ほとんど聞こえない
D-55 かすかに聞こえる
D-50 小さく聞こえる
D-45 かなり聞こえる
D-40 よく聞こえる
D-35 曲がハッキリ分かる
D-30 大変良く聞こえる
D-25 うるさい
D-20 大変うるさい/td>
D-15かなりうるさい

「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より



カラオケルームに求められる音響条件についての話はいかがでしたか?

詳しくは専門のカラオケ防音工事業者に聞いてみましょう。

まずは、無料・匿名で、カラオケ防音工事業者に相談することから始めてみませんか?

そして、良心的で適正な見積を出す防音工事業者からの提案を受けてみませんか?

サービスのご利用はもちろん無料です!

「カラオケ防音工事 見積ナビ」の詳しい利用方法は下記をクリックして下さい。

詳しくは、こちらをクリック


全国防音工事サポート協会とは?

全国防音工事サポート協会のあいさつ
全国防音工事サポート協会は、今現在、なんらかの防音工事を計画・予定されている方々へ、無料・匿名で適切な業者選びのお手伝いをいたします。
あなたが申し込まれました提案・見積もりサービスの内容…防音工事のご要望・ご予算にたいして、複数の加盟業者が提案と見積の作成の作業をいたします。
それを受け取られましたご依頼者のあなたが、十分に比較検討され、気に入った適切な業者を選んで話を進め、最終的に契約することができます。
全国防音工事サポート協会には、全国の優秀な防音工事業者が加盟し、全国のどの地域でも(一部地域を除きます)対応するサービスを提供しています。

全国防音工事サポート協会からのお願いです。

当サポート協会は、しっかりとした防音工事をお求めのお客様と、優秀な技術と実績 をもつ防音業者との橋渡しの役目を果たせますよう、無料・匿名の提案・見積りサー ビスを行なっております。

サービスの申し込みに基づいてお届けいたします提案・見積りは、当サポート協会の趣旨に賛同する業者が、「少しでも、依頼者様のご要望に応え、実際にお会いしての商談に指名して頂きたい」と願って、限られた情報と時間の中で、ご依頼の方の住所や名前や連絡先が全く分からない条件の中で、提案・見積りを提出しています。

ですので、このような提案・見積り業者の努力が無駄になりませんよう、提案・見積りをお届けした場合には、提案内容と概算見積をよく比較し、ご検討いただきまして、より良い防音工事の実現のため活用して頂きますよう宜しくお願い致します。


ページの先頭へ