音の響き…残響時間について

ピアノやドラムなどの楽器の演奏や、ホームシアターやカラオケルームなどのカラオケ防音工事で求められる音響条件は、次の3つの点がが大切です。

1.部屋から外へ漏れる音や振動が問題にならない

2.外部からの騒音や設備騒音が少なく静かなこと

3.室内が響きすぎたり、音質を悪くする反射音がないこと


1,の「部屋から外へ漏れる音や振動」の対策としては、遮音・防振設計によって解決します。

遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両方から対策を考えますが、楽器演奏やカラオケルームなどの場合は、隣接する部屋や家屋への迷惑がかからないような遮音設計にすることが必要になります。

このとき、部屋の遮音性能は、D値という等級で評価されます。

隣室や隣近所の状況によって当然かわりますが、だいたいで一般的に目指す値はD-50~D-65程度がカラオケ防音工事の目標値となります。

ピアノ室ならD-50~D-55程度、ドラム室など低音や振動まで 考慮するお部屋の場合はD-65~D-70を目標値となります。

詳しくは、当サイトの「知って得するカラオケ防音工事の基礎知識」の 音と遮音性能(D値、L値)についてを参照ください。

2.の「外部からの騒音や設備騒音が少なく静かなこと」の目安としては、NC値が使われます。

「NC値」とは、室の静けさを表す指標です。

一般的に、カラオケ防音工事でのカラオケ等に要求される室の静けさ(許容NC値)としては、NC-15 ~ 25 です。

また、カラオケ等のカラオケ防音工事に関しては、外部騒音に対する遮音対策がしっかりとになされますので、室内でのエアコンなどの空調設備から発生する騒音によってNC値が決定されるケースがほとんどです。

詳しくは、当サイトの「知って得するカラオケ防音工事の基礎知識」の 音と遮音性能(D値、L値)についてを参照ください。

室内音響設計と音響障害

そして、3.の「室内が響きすぎたり、音質を悪くする反射音がない」ことへの対策として、室内音響設計の必要性がでてきます。

特に楽器演奏やカラオケルームなどのカラオケ防音工事では、この点が大事な点となります。

室内の響き、いわゆる残響時間が適切でないといけません。

室内の音の「響き」は、音楽に豊かさや暖かみを与えます。

まったく音の響きがないというと、味も素っ気もない防音室になってしまいます。

また、、響きすぎると、音質が悪くて聴きづらく、カラオケでは歌いずらく、マイクのハウリングなどの原因にもなります。

そして、聴きやすく、歌いやすい、快適な音空間を実現するためには、“響き”だけではなく、音質を悪くする反射音を無くすことが必要となります。

特に、防音室の中に平行する大きな反射面がある場合は、音響障害となります。

このような、平行する大きな反射面の対策としては、
●部屋の形状を変形したり拡散体を取り付けるなどして、拡散処理(形状変形)をする。
●内装仕上げを吸音構造にしたり、吸音パネルを取り付けるなどして、吸音処理する。
などがあります。

一般的に、平均吸音率を20~30%にすることで最適な残響時間になるといわれています。

いづれにしても、音が悪いトラブルの原因の大きなひとつとして、この「残響時間が 適切でない」ことがあげられているのは間違いありません。

失敗しないカラオケ防音工事のイロハとしてしっかりとチェックをして、詳しくは専門のカラオケ防音工事業者さんに聞いてみましょう。


提案・見積の申し込みは、オンライン、電話、FAXで受け付けています!!

提案・見積を申し込むと、必ず工事契約しなくては…ということはありません。いつでもお断りできますので、安心してお申し込みください。

※提案見積の申し込みをされる方は、事前にサポート協会の規約をお読みいただき、ご同意のうえでお申し込みください。サポート協会利用規約

▼オンラインでの提案・見積の申し込み


▼電話での提案・見積の申し込み


▼FAXでの提案・見積の申し込み


カラオケルームに求められる音響条件について

カラオケルームに求められる音響条件として、まず、外へ漏れる音や振動が問題にならない、そして、外からの騒音や設備の騒音が少なくて静かであること、最後に、室内が響きすぎたり、音質を悪くする反射音がないこと…があげられます。

つまり、カラオケルームの遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両面 から考えるひつようがあります。

特に、室内で出る音が隣接する部屋や隣家に迷惑にならないようにすることが重要です。

また、カラオケルームが幾つか隣接する場合も、隣の部屋に影響しないような遮音設計が必要となります。

その対策として、遮音・防振工事、室内音響工事をおこなう必要があります。


カラオケ・ルームでは、直接ひびく音だけでなく、床・壁・天井に入射した音が、固体伝搬音として物体内を伝搬し隣室に放射する音が発生します。

このため、遮音設計では、遮音・防振構造(浮遮音層)が必要となります。

つまり、この固体伝搬音を防止するには、浮床工事が必要です。


部屋の遮音性能は、D値という等級で評価されます。

カラオケルームの目標値は、D-60となります。

※下記の表「遮音等級D値とカラオケの聞こえの関係」を参照ください。

また、室内が響き過ぎて歌いずらいなどの対策には、室内の音響調整・吸音工事もおこないます。


カラオケルームの室内環境をよくするためには、室内の静かさが必要となります。

外部からの騒音と内部のエアコンなどの設備騒音に対する遮音工事です。

内部の静けさの目標はNC-25~35程度になります。

詳しくは、サイトの音の響き…残響時間についてを参照ください。


■遮音等級D値とカラオケの聞こえの関係■

遮音等級 カラオケルーム
D-65 通常では聞こえない
D-60 ほとんど聞こえない
D-55 かすかに聞こえる
D-50 小さく聞こえる
D-45 かなり聞こえる
D-40 よく聞こえる
D-35 曲がハッキリ分かる
D-30 大変良く聞こえる
D-25 うるさい
D-20 大変うるさい/td>
D-15かなりうるさい

「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より



カラオケルームに求められる音響条件についての話はいかがでしたか?

詳しくは専門のカラオケ防音工事業者に聞いてみましょう。

まずは、無料・匿名で、カラオケ防音工事業者に相談することから始めてみませんか?

そして、良心的で適正な見積を出す防音工事業者からの提案を受けてみませんか?

サービスのご利用はもちろん無料です!

「カラオケ防音工事 見積ナビ」の詳しい利用方法は下記をクリックして下さい。

詳しくは、こちらをクリック


全国防音工事サポート協会とは?

全国防音工事サポート協会のあいさつ
全国防音工事サポート協会は、今現在、なんらかの防音工事を計画・予定されている方々へ、無料・匿名で適切な業者選びのお手伝いをいたします。
あなたが申し込まれました提案・見積もりサービスの内容…防音工事のご要望・ご予算にたいして、複数の加盟業者が提案と見積の作成の作業をいたします。
それを受け取られましたご依頼者のあなたが、十分に比較検討され、気に入った適切な業者を選んで話を進め、最終的に契約することができます。
全国防音工事サポート協会には、全国の優秀な防音工事業者が加盟し、全国のどの地域でも(一部地域を除きます)対応するサービスを提供しています。

全国防音工事サポート協会からのお願いです。

当サポート協会は、しっかりとした防音工事をお求めのお客様と、優秀な技術と実績 をもつ防音業者との橋渡しの役目を果たせますよう、無料・匿名の提案・見積りサー ビスを行なっております。

サービスの申し込みに基づいてお届けいたします提案・見積りは、当サポート協会の趣旨に賛同する業者が、「少しでも、依頼者様のご要望に応え、実際にお会いしての商談に指名して頂きたい」と願って、限られた情報と時間の中で、ご依頼の方の住所や名前や連絡先が全く分からない条件の中で、提案・見積りを提出しています。

ですので、このような提案・見積り業者の努力が無駄になりませんよう、提案・見積りをお届けした場合には、提案内容と概算見積をよく比較し、ご検討いただきまして、より良い防音工事の実現のため活用して頂きますよう宜しくお願い致します。


ページの先頭へ