音と遮音性能(D値、L値)について

音響・防音工事をおこなう目的は、部屋からでる楽器やオーディオの音に対する対策ということになります。

音響・防音工事をなるだけ理解するためには、音に関する基本的な知識を持っていることも大事になります。

ここでは、おおまかな「音」についての話しと、その対策のための遮音性能について簡単に述べてみます。


「音」と「音波」

「音」とは、ピアノやドラムなどの音源から発したエネルギーが、空気中に振動(音波)となって伝わることをいいます。

この振動(音波)が、人間の耳に入って鼓動を振動させ、それが神経を伝わって脳に通じて音として知覚されます。

この「音」の伝わり方は、厳密に言うと、空気中を伝わって耳に届く「空気音」と、足音や物の落下音が床や壁を伝わって聞える「固体音」の2種類があります。

つまり、「空気音」は、ジェット機の音や自動車の音、楽器の音など、空気中を伝わってくる音です。

「固体音」は、上階の足音やスピーカーの振動音、電車やトラックの振動音、トイレの排水音など、物体を振動させて聞えてくる音です。

「周波数」と音の高低

「音の波が1秒間に上下する数」を数値にしたものを「周波数」といい、Hz(ヘルツ)で表します。

約20Hz~2KHzが、人間の耳にに聞える周波数の範囲といわれています。

また、この周波数が少ない音は低音、多い音が高音となります。

そして、この周波数が2倍になると1オクターブ音が高くなります。

音の強さや大きさとdB(デシベル)

音の強さや大きさは音波の振幅によってきまります。

音のエネルギーの大きさと音波の振幅の大きさは、物理的な量で把握することができます。

これを、「音の強さ」と呼び、dB(デシベル)で表します

※dB(デシベル)の詳細は「音の大きさ…dB(デシベル)について」を参照ください。

このように、音は「強さ」(振動)、「高さ」(周波数)から成り立ちます。

そしてさらに「音色」(音の快・不快)も音の構成要素をなしています。


遮音性能(D値、L値)

ピアノやドラムなど音響・防音室で重要な事は、室内で出す音が、隣接する部屋や 家屋に対して、迷惑にならない様にすることです。

そこで、ピアノやドラムなどの音源から音が空気中を伝わっていく場合に、音源と音を聞いている場所との間に、遮蔽物(壁など)を置くと音が小さくなります。

このように、音の伝わりを遮断することを遮音といいます。

つまり、遮音とは、音を物体に反射させ反対側へ透過させないようにすることです。

一般的に、防音工事では、建物の「外壁」、「開口部・窓」、「内壁」、「床」に遮音工事をします。

この音を遮断する能力を、遮音性能と呼び、D値(空気音の遮音を表す数値)で表します。

また 固体音を遮断する能力を衝撃音性能と呼び、L値(上階の衝撃音が下階で聞える大きさを示す数値)で表します。

D値、L値それぞれ性能は、JIS(日本工業規格)にて等級が定められています。

空気音-遮音性能等級(D値)

空気音の遮音性能(D値)は、音源側の音の大きさと、その場所で聞こえる音の差が、 遮蔽物(外壁・内壁・サッシ・床など)の遮音性能値となります。

遮蔽物の密度が高いほど、また、厚みが厚いほど遮音性のが優れています。

また、D値は、等級の数値が大きいほど、遮音性能が優れていることを表します。

固体音-遮音性能等級(L値)

床の遮音性能には、重量衝撃音(LH)と軽量衝撃音(LL)の2つの性能があります。

子供が、走り回ったり、飛び跳ねたりした時に発生する衝撃音を重量衝撃音(LH)といいます。

また 物が落下した時や椅子をひきずる時に発生する衝撃音を軽量衝撃音(LL)と言います。

この、L値は、等級の数値が小さいほど、遮音性能が優れていることを表します。


音響・防音工事と遮音性能

一般的な防音工事の遮音は、部屋から室外へ出ていく音と、室外から入ってくる音の両面から考えます。

しかし、すでに述べたように、楽器演奏などの音響・防音工事の場合は、室内で出す音と振動が隣接する部屋や隣近所の家屋に迷惑にならないようにすることが重要になります。

この部屋の遮音性能は、D値という等級で評価されるのですが、一般住宅での遮音等級D値と聞こえの関係は、下記の表のような感じなります。

この表は、あくまでも一般住宅の場合で、プロのピアニストの場合は、1ランク上にずれてくるといわれています。

また、ドラム室の場合は、低音で衝撃音も大きいので、2ランクほど上にずれてきます。

隣室や隣近所の状況によって当然かわりますが、だいたいで一般的に目指す値はD-50~D-65程度が音響・防音工事の目標値となります。

ピアノ室ならD-50~D-55程度、ドラム室など低音や振動まで 考慮するお部屋の場合はD-65~D-70を目標値となります。

■一般住宅における遮音等級と聞こえの関係

遮音等級 ピアノ・ ステレオ等の 大きな音
D -65通常で は聞こ えない
D -60ほとんど聞こえない
D -55かすかに聞こえる
D -50小さく聞こえる
D -45かなり聞こえる
D -40曲がハッキリ分かる
D -35よく聞こえる
D -30大変良 く聞こえる
D -25うるさい
D -20かなり うるさい
D -15大変うるさい

「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より

実際におこなわれる音響・防音工事では

D値(空気音の遮音性能)対策として、楽器の音を外に逃がさないために、壁を厚くしたり、内と外の壁の間に‘空気の層’を設けます。また、窓や扉などの密閉性を高める…などの対策をします。

L値(固体内に伝わる音)を防ぐためには、床、天井、壁、すべてを建物の構造体から浮かせる構造[浮き構造]にするのが理想的といえます。

吸音について

防音工事では、遮音とまったく反対の吸音があります。

吸音とは 「自分の出した音を、できるだけ通り抜けさせて、自分に戻ってこないようにする」と、いう方法です。

実際には、吸音材(音を吸い込む材料)を、主として天井に貼って、吸音効果を高めます。

遮音と吸音の関係

防音工事には、遮音と吸音の両方が必要です。

特に、楽器演奏やオーディオなどの音響・防音工事では、この遮音と吸音の二つのバランスがとても大切です。

遮音性能だけを高めると、音の反射で室内の音はビンビンと鳴り響きます。

また、 吸音性能だけを高めると、音が吸収されエコーの無い部屋になり、室外への音を防ぐことは出来なくなります。


音と遮音性能(D値、L値)についての話はいかがでしたか?

詳しくは専門の音響・防音工事業者に聞いてみましょう。

まずは、無料・匿名で、音響・防音工事業者に相談することから始めてみませんか?

そして、良心的で適正な見積を出す防音工事業者からの提案を受けてみませんか?

提案・見積を請求し、寄せられたあなたの音響・防音工事の提案・見積を、じっくりと比較・検討し、あなたにぴったりの工事業者さんを決めて、あなたのご要望に沿った音響・防音工事を実現してください。

あなたの僅かの決断が、あなたの夢の実現へと導きます!



無料・匿名の提案見積の申し込みは、こちらから▼

提案・見積を請求すると、必ず工事契約しなくては…ということはありません。いつでもお断りできますので、安心してお申し込みください。

※提案見積の請求(申し込み)をされる方は、事前にサポート協会の規約をお読みいただき、ご同意のうえでお申し込みください。サポート協会利用規約



▼FAXでの提案・見積の申し込み

全国防音工事サポート協会とは?

全国防音工事サポート協会のあいさつ全国防音工事サポート協会は、今現在、なんらかの防音工事を計画・予定されている方々へ、無料・匿名で適切な業者選びのお手伝いをいたします。
あなたが申し込まれました提案・見積もりサービスの内容…防音工事のご要望・ご予算にたいして、複数の加盟業者が提案と見積の作成の作業をいたします。
それを受け取られましたご依頼者のあなたが、十分に比較検討され、気に入った適切な業者を選んで話を進め、最終的に契約することができます。
全国防音工事サポート協会には、全国の優秀な防音工事業者が加盟し、全国のどの地域でも(一部地域を除きます)対応するサービスを提供しています。

全国防音工事サポート協会のあいさつ全国防音工事サポート協会からのお願いです。

当サポート協会は、しっかりとした防音工事をお求めのお客様と、優秀な技術と実績 をもつ防音業者との橋渡しの役目を果たせますよう、無料・匿名の提案・見積りサー ビスを行なっております。

サービスの申し込みに基づいてお届けいたします提案・見積りは、当サポート協会の趣旨に賛同する業者が、「少しでも、依頼者様のご要望に応え、実際にお会いしての商談に指名して頂きたい」と願って、限られた情報と時間の中で、ご依頼の方の住所や名前や連絡先が全く分からない条件の中で、提案・見積りを提出しています。

ですので、このような提案・見積り業者の努力が無駄になりませんよう、提案・見積りをお届けした場合には、提案内容と概算見積をよく比較し、ご検討いただきまして、より良い防音工事の実現のため活用して頂きますよう宜しくお願い致します。



提案見積サービスの利用方法

  • サービスのご利用方法は簡単です。
  • ※申し込む前に、サービス利用規約を読み、同意する。サポート協会利用規約

  • (1)提案見積を請求する


    ●FAXで申し込む

  • (2)図面をサポート協会へ送る
    (メール、FAX)
  • これだけでOKです!!

ドラム防音室の写真
●ピアノ室●ドラム室●バイオリン(ヴァイオリン)室●サックス室● その他の楽器室●音楽室●ボーカル室●自宅スタジオ● 音楽スタジオ●ライブハウス●オーディオルーム● カラオケルーム●リハーサルスタジオ●ダンススタジオ●ホームシアター● ミニシアター●その他、音響に関する施設

用途別の音響・防音工事で大切なポイント

ページの先頭へ